育児・仕事・時々ヨガ

30代共働き女の初めての育児と仕事の両立、たまにヨガについても話します。

育児休業中の憂鬱の理由

 

育児休業中、ちょうど産後3−4ヶ月半くらいに渡って随分私は鬱々としていた。赤ちゃんはミルクもよく飲んで問題なく発育していたし、少しずつではあるけれど外出も出来るようになっていた。友達も会いに来てくれてたまには大人との会話も楽しめた。旦那さんも夜と週末は育児だけでなく家事を随分担当していた。それでも、私は自分との折り合いがうまくつけられない状態に陥っていて、混乱していた。

 

産後6ヶ月の今、その理由がわかってきたような気がする。以下がそれぞれの時期に感じていたことだ。

 

産後1−2ヶ月:授乳が大変すぎるのと慣れない家事と絶対的な睡眠不足により肉体的にも精神的にも崩壊寸前。多くの先人たち同様、この頃の記憶は曖昧。私は全く予習をしていなかった(これについては客観的に競えるなら競ってもいい、全国10位内に入れるくらい何もしなかった)ので予想していなかった辛さに泣き、ホルモンバランスの崩れでおめでとうと言われても泣いていたほどだった。

 

産後3−4ヶ月:ふと気がつけば慣れもあり少し周りや自分をみる余裕が出てきた。そこに在るのは言葉の出てこない、最近興味を持って調べていたことといえば授乳とその辛さ、以上!みたいな超ちっぽけな自分。予習していなかった育児は上手く行かないことばかり、いや、予習していたとしてもうまくいったとは到底思えない。私、こんなに余裕のない人間だったっけ?そもそもこんな失敗や挫折感、出産まで長い間経験してなかったんだ私、、、ここ数年のいい感じ♪と思って自分は何だったんだ、実は波風避けて縮こまってクールな振りしていただけじゃないのか。あーー、保育園も入れそうにないし入れたとしてもこんな駄目な自分じゃ到底何の役にも立たない、いっそのこと辞めてどこかに引き篭もってしまいたい、等々。

 

出産でガラッと変わった環境と自分の体をそれ以前の自分と比較して落ち込むだけでなく、それ以前の自分まで否定する有様。なんてネガティブ。今思えば人の生死に関わるような大きなイベントはその人の価値観を再構築するタイミングで、その渦中にいたのだと解る。今でこそ私はそれをイベントと言い表しているけれど、失敗・挫折と読み替えても大差ない。その渦中にいた私はそれらをどう意味付け(解釈し直)し、どこに向かっていくのか見えておらず、実際のところ客観的とは程遠い状態にあった。だからこそ鬱々していたのだった。