育児・仕事・時々ヨガ

30代共働き女の初めての育児と仕事の両立、たまにヨガについても話します。

育休から復職して5ヶ月過ぎた

3ヶ月目の記事から2ヶ月以上空いてしまった。

 

すでに2018年も後半戦に突入。子供は今月で1歳になる。仕事に戻って5ヶ月が経過して、外に出て働くことが当たり前の日常に戻った。

 

前回の記事からの変化は以下の通り。

 

🇺🇸に海外出張に行ってまるっと5日間子供と離れた。

旦那さんだけじゃ生きていることはできても人間的な生活には到底ならないな、という判断から実母を召喚。子供は5日間鼻風邪も悪化せず毎日保育園に登園してくれた。母は保育園の望み通り遅めに預けに行き、早めに迎えに行ってくれた。(9時ごろ登園、4時半にお迎え。フルタイムの私には無理。)出張から帰った翌週の月曜、午前に発熱で呼び出された際に、「早くお迎えの子達は風邪あまり引かないのよねぇ」と言われる。その週は結局、熱がやや高めでも預かってくれる病後児保育にお世話に。

 

出張自体は年の功なのか何なのか、さらっとこなした私。昔は発言一つ一つを反芻して眠れなくなったりしていたのに。エライというか、図太くなったな。

 

あと、帰りに空港のDFSで香水を買うことができたのが嬉しかった。ちょうど昔から使っていたのが切れそうで、でも香水を買うってネットでは試せないから難しいし、これぞという香りに出会うのも簡単ではない。ラッキーだったなー。

 

初めて週末に友達とゆっくりランチしてお酒も飲んだ。

前回の記事から今までも、普通の保育園と病後児保育を行ったり来たりは相変わらずだった。

ikujishigotoyoga.hatenablog.com

 

それでも私の体調が少しは良いという週末もポツリポツリとあって、親友と久々にランチに出かけることができた。彼女も小さい子供がいるし、早めに復帰して働いているママでもあるので色々と楽!12時から15時までたっぷり食事と会話を楽しみました。

 

平日夜のチームの飲み会に出た(1時間だけ)。

新しいチームメンバーやら休み明けのメンバーやらが結構な数で同時期にいたので、チームの飲み会を開催。1時間だけ過ごしました。多少は気を遣うけど、目が離せない状況で飲むビールとは違う。旦那さんがその間お風呂を入れて寝かしつける直前までやってくれていて、帰ってから私がやることは殆どなかったあの晩、「なんて楽チンなんだ、ただ飲んで帰ってきて自分のことをやるだけというのは!」と改めて自分が置かれた仕事・家事・育児で100%な状況を客観視することができました。

 

そう、私、昔(=仕事して飲んでただけ)よりもずっと大変な状況でやってるんだ。だからこそ意識的に、Be compassionate for myself でありたいと思うし、そこからちょっと楽に楽しくなれるように変えて行きたい。私が自分の子供にむやみに苦しむことを望まないように、私の母だって、そもそも私だって私自身が辛い状況を望んではいないのだ。

 

と、ちょっと壮大なことをたった1度の飲み会で開眼したのでした。

 

ZARAのアプリでやたらと暇があれば買い物していた。そして7割は返品した。

返品がタダで集荷に来てくれるZARA。アプリも使い勝手がよくてストレスフリー。毎週新製品が出るので隙間時間(電車待ってる時とか、子供がベビーベッドで寝る寝られないの攻防を一人で繰り広げている間とか)にチェックしてお買い物→家で試着→返品を4-5回はやったかな。。外に買い物に行けない人たちにはすごく良いサービスだなーと思う。もっと他の通販でもこういうサービスが当たり前になったら良いのにね。

 

****** 

今週末は子供のバースデーのことを考えたり、週の半ばに手に入れたこの本を読んで過ごそうと思います。

sayonaramirai.com