育児・仕事・時々ヨガ

30代共働き女の初めての育児と仕事の両立、たまにヨガについても話します。

産後ダイエットー産後6ヶ月

 

産後ダイエット。

 

義理の妹に「お姉さん、特になにもせず産後ダイエット成功されたのすごーい」と言われました。何をしたのか聞かれて特に浮かばなかったからこう言われたというわけです。実際に数字で見ても、妊娠前マイナス2−3キロくらいをキープしています。もともとは普通体型で、そこからちょっとだけ痩せたくらいなので「ナイスバディ!」という感じではないのですが。

 

果たして本当に何もしなかったのか、ダイエットに関連するであろう食事、運動、睡眠という3大項目について振り返ってみます。

 

食事

ほぼ自炊ですが、食べたいだけ食べ、間食にチョコチップスティックパンとかプリンとかチョコ棒とか食べてきました。12月には週に一度あったママ友ランチではパンをお替わりしてたし。

 

最近は痩せたと言われたのに太って戻りたくないという欲が出てきて、夜は食べすぎないように気をつけています。

 

お酒はまだ解禁していません。ノンアルビールを毎日1本、お風呂上がりにやるのが至福の時でございます。

運動

週に1度、ヨガを1ヶ月前から。12月にはマドレボニータのバランスボールエクササイズに行きました。その前は単発で産後ヨガなどを2週間に1度位やっていたかな。

 

散歩は週に5日くらい、近所を20分位のみ。大体がベビーカーで出かけていました(抱っこひもは疲れるから嫌い)。

 

バランスボールエクササイズはかなりいい有酸素運動になっていましたが、なんせ週に1度だし、体力回復に効いたかな〜という程度でした。ヨガも同様です。

 

睡眠

睡眠時間が足りないと心身に様々な不調をきたします。もしかしたら人によっては睡眠が足りないことで痩せる(やつれる)ということがあるかもしれません。私の場合、過去の経験的にストレスが溜まりジャンクなものを食べたりして痩せにくくなり、体調を壊すというのが定石ですが、母乳を少しあげていることもあり、ジャンクなものにはそれほど走ることはありませんでした。

 

うーん、やっぱりこれと言った理由がないな、と思っていたところ勝間和代さんのブログで肥満の理由の1つとしてNEAT 非運動性熱産生が小さいこととあり、

katsumakazuyo.hatenablog.com

私が痩せたのはこれかもしれないと思いました。

 

家事育児によりNEATが増加=>痩せた

というのも産む前は私、ほんっとーに家事をしない人でして。名前のない家事と言われるティッシュ箱や洗剤のストック管理とか、ゴミ袋をゴミ箱にセットとかは勿論のこと、名前のある家事もやってませんでした。唯一やっていたのが週に1度トイレを掃除するのと、お風呂を2−3日に一度洗う(冬場、バスタブを使うときのみ)くらい。

 

それが産んだあとは赤ちゃんのお世話に加えて赤ちゃんが住む家の環境整備(掃除などの家事)と世話をする人たちの体調管理(これも主婦の仕事ですね)、収入が減ったことによる食費生活必需品のコスト管理などが自分のタスクとして一気に増えたのです。

 

10月頃(産後3ヶ月)の日記を見ると、家事を書き出してどう効率化し共有するかを熱心に考えていたことが伺えます。。

 

今は常に動くというよりは時間を意識してまとめて家事タスクをこなしているのですが、そうはいっても赤ちゃんのお世話をしていればちょこちょこ動くのは必須。

 

家事育児を始めて6ヶ月ですが、そこまで嫌いじゃないのと、ゼロというかマイナスからのスタートなので自分のスキルアップも実感できて楽しかったりもします。その上痩せられたのなら尚良しじゃないですか。

 

今後もこんな利点もあったことを忘れず取り組もうと思います。